豊富な知識と経験のある医師を選ぶ

レーシックの手術を実施するのは、人間ですので、どうしてもそこには失敗をしてしまうリスクがあります。
しかしレーシックの手術を行った時の失敗の可能性は、通常の一般的な手術と同じで決して高いものではありません。

 

レーシックの手術では、当然眼科の専門的な知識は必要ですが、同様にレーシックの手術をどれだけ経験したかということも重要です。
実績がともなっているクリニックの在籍をしている医師ほど、安心して手術を受けることが出来ることでしょう。
視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。 レーシックとは、既に欧米では10年以上の実績を持っている比較的有名な手術方法です。
日本国内でも多くの人が受けており、しかも国内での手術の失敗事例はこれまでに報告されていません。



豊富な知識と経験のある医師を選ぶブログ:2018-06-16

ボクの結婚生活も、
まもなく一年が経とうとしています。

いやぁ〜思い出しますね。
妻の父母に挨拶行ったときのことを…

ボクのイメージでは…

あちらのお母さんが和室に通してくれて、
少しすると、小ぎれいにした父が
登場するって感じだったんですよね。

お茶を出されて、
その父とぎこちない話が数分行われた後に、
沈黙になってしまって、
耐え切れなくなって切り出す…

「女の子さんを、ぼくに下さい!!」

…またもや沈黙の後。
コクリとうなづく父…

みたいなことを考えていました。

そして、
ボクにとっての「その時」は、
昨年の正月でした。

ボクが妻の実家に訪れると、
親戚がたくさん来られていました。
正月の賑わっているときですもんね。

今までバタバタと走り回っていた、
甥っ子や姪っ子たちも、
「そっちの部屋にいっちゃダメよ!」って感じで、
別の部屋に連れていかれ…

妻の父とボクの二人にされてしまいました。

そこでは、本当に他愛もない話しかできないし、
上の空だから、今でも何を話したか覚えていません。

案の定、二人とも話すこともなくなって、
沈黙に…

そして、ついに「その時」が来ました。
座っていた座布団から、飛び降り…

「お義父さん、女の子さんと一緒にさせて下さい!一生大事にします!!」
と言って、頭を下げました。

妻の父さんは、
コクリとうなづくわけではなかったですが、
「なにもできない女の子だけど、こちらこそよろしく頼むわな。」
と、優しく微笑んでくれました。

このとき、
なんとも言えない安堵を感じたことは、
今でも鮮明に覚えています。