片目だけのレーシック手術も出来る

視力が低下をしてしまっている方の中には、片方の目だけが低下してしまっている人も多く存在しています。
この片方の目だけをレーシックで治療することは問題なく可能となっているのです。

 

レーシックで片方だけ治療をすることに抵抗を持っている人も中にはいるかと思います。
しかし片方だけのレーシックというのは普通に行われている治療方法なのです。
最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 両目の視力が同じではないというのは、決して珍しいことではなく多くいらっしゃいます。
実際にコンタクトレンズやメガネを作るときにも、左右度数が違う人もいますのでレーシックで視力を合わせてみてはいかがでしょうか?

オメガ3はこちらへ
http://www.suplinx.com/shop/g/g071-01661/
オメガ3



片目だけのレーシック手術も出来るブログ:2018-02-25

シェイプアップをしていると
誘惑に負けそうになることが多々ありますよね。

そして、誘惑に負けては
シェイプアップ失敗を繰り返していたわたくし。

わたくしの場合、太った原因は
「食」でストレス解消していたことでした。

細かく原因を追究すると…
イライラすると、おかしを食べてストレス解消。
子供たちが寝た後は、一人でゆっくりおやつタイム。
週の半分は姉とともに、夜更けにチューハイ+おつまみで乾杯。
子供たちが残したライスは、
もったいないので腹がいっぱいでも食べてしまう。
子供たちがよく食べるので、外食はバイキングが多い。
…という生活習慣が原因だったと思います。

シェイプアップを始めても
この習慣はなかなか止められず
特におかしの誘惑には
負けてしまうことが多かったです。

しかし、
おかしを食べるのって、悪いこと?
食べてストレス解消するのは、悪いこと?
何か、おかしくありませんか?

おかしって、悪いものじゃないし、
食べることって、悪いことじゃない。

「食べちゃいけない!」と思って
食事制限をすることが
逆にストレスになっていませんでしたか?

それが、誘惑に負けておかしを食べてしまう
原因にもなっていたのでは?

甘いおかしも、脂っこいお肉も
時間や量を考えて食べれば
シェイプアップ中でも問題ないんです。

たまにはバイキングで食べ過ぎてしまっても
あとで消費すれば問題ありません。

食べたい時には食べる。
楽しくシェイプアップをしていくことで
ストレスも溜まらず、長く続けられる。

途中で嫌になって挫折しては
また、リバウンドしてしまいます。

「食」に対するマイナスイメージは捨て
楽な気持ちになって、
長く続けられるシェイプアップをしていきましょう!