片目だけのレーシック手術も出来る

視力が低下をしてしまっている方の中には、片方の目だけが低下してしまっている人も多く存在しています。
この片方の目だけをレーシックで治療することは問題なく可能となっているのです。

 

レーシックで片方だけ治療をすることに抵抗を持っている人も中にはいるかと思います。
しかし片方だけのレーシックというのは普通に行われている治療方法なのです。
最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 両目の視力が同じではないというのは、決して珍しいことではなく多くいらっしゃいます。
実際にコンタクトレンズやメガネを作るときにも、左右度数が違う人もいますのでレーシックで視力を合わせてみてはいかがでしょうか?

オメガ3はこちらへ
http://www.suplinx.com/shop/g/g071-01661/
オメガ3



片目だけのレーシック手術も出来るブログ:2018-08-14

オレの娘は、
今バスケットボールのチームに入っています。

そのチームは、
他の町のチームとの試合で惨敗が続いていました。

その日も負け試合で、
突然、娘は「やめたい」と言い出しました。

オレはその日の試合を見ていなかったので、
見にいった主人に経緯を聞いてみると、
娘の出番はなく、試合の後、
泣き出してしまったということでした。

コーチの考えが分からないわけではありません。
でも、それが現実なのです。

しかし
娘の気持ちを思うと、
両親としてなんと言って励ましていいのか…

「母親と一緒に練習しよう…」と
娘に話しかける他ありませんでした。

その時のオレはまだ、
どうして娘が泣いたのか、本当の理由を解っていませんでした。
努力をすれば何とかなると思っていたのです。

しばらくして、
その日の試合は勝ち、
娘もそれなりのプレーをしました。

それなのに、
娘はまた「やめたい…」と言い出したのです。

オレは、娘が今まで語っていたことの中に
何かもっと大切なことを見落としていることに気付きました。

娘の心はさびしく、孤独だったのです。

「コーチに認めてもらえない」「チームに必要とされていない」
という思い込みがすっかり娘の自信を奪い、心とからだが頑なになり、
動けなくなっていたんです。

オレは娘の練習に付き合いながら
「自分のドリブルをもっと信じて」
「自分のパスをもっと信じて」
「自分のシュートをもっともっと信じて」
「自分のプレーにもっと自信を持って良いのよ!」
と娘の心のネジを巻きました。