レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性


レーシックで失明をしてしまう可能性
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。
レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。




レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:2018-06-24

最近は、シェイプアップでメタボ対策をして、
健康増進をはかることが重視されていますが…

でも、世の中の全ての人がシェイプアップを
しなければいけないわけではありませんよね。

体重が増えてきたから…ということで、
シェイプアップすべきかどうかを決める人は多いのですが、
本当に注目すべきなのは、体脂肪率なんです。

体脂肪率に問題があっても、
体重は、標準範囲内という方も少なくありません。

重さだけを見ると、筋肉よりも軽いのが脂肪です。

シェイプアップのために、食事量を減らし、結果が出たという人がいても、
それは筋肉が脂肪に変わっただけで、
見た目の体重が減少しただけというケースもあるのです。

それでは、健康面にも不安がありますし、
シェイプアップにもなっていません。

逆に、相撲の力士はとても太っていますが、
中には、筋肉質な力士もいますよね。
その場合は、体脂肪率が低く、肥満ではないので、
あえてシェイプアップする必要はないわけです。

ですから、体重も目安にはなりますが、
健康になるためのシェイプアップでポイントとなるのは、体脂肪率なのです。
健康的にシェイプアップをするには、
余分な脂肪を燃焼させることを考えなければいけないんです。

だから、健康的なシェイプアップのためには体操は欠かせません。
ただ、急激な体操は身体に負担をかけるので、
シェイプアップには不向きですよ!

あくまでも自分のペースで、
長い期間コツコツ体操を続けていくことが、
健康的なシェイプアップにつながります。

シェイプアップのためにストレスが蓄積されないようにすることも、
健康維持では重要です。
シェイプアップを共に取り組める友達がいるといいでしょう。

レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

片目だけのレーシック手術も出来る
レーシックで遠視の矯正も可能
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
どの程度視力が回復するのでしょうか
レーシックで失明をしてしまう可能性
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシック後の効果が安定する期間
レーシックの後遺症は一時的
老眼の悩みもレーシックにお任せ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)見逃す事の出来ない驚きの治療レーシック