レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。

 

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。
レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。


http://www.at-residence.co.jp/
港区 賃貸マンション



レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:2018-06-12

いくらシェイプアップのためだからと言っても、
過度の運動や、過度の食事制限は
老化を進めてしまうんですよ!

運動によって乳酸値が上がりますが、
この乳酸を作っているのが活性酸素で、
この活性酸素は老化の原因の1つとも言われています。

活性酸素は、肉体に無くてはならないものですが、
過剰に発生すると、
ガン、糖尿病、心筋梗塞などを引き起こす可能性が
高くなるんだそうです。

運動をしなければ乳酸も出ず、活性酸素も増えないのだから、
運動しなければ良いと思うかもしれませんが、
何もしなければ筋肉は衰えていくばかりです。

老人が骨折をして、しばらく寝たきりになると、
筋力が衰え、リハビリをしっかり行わないと、
そのまま寝たきりになってしまうというのが、
良い例だと思います。

筋力を20代の時のように保つ必要はありませんが、
基礎代謝を上げる為には、ある程度の運動は必要です。

食事制限だけのダイエットは、
筋肉を衰えさせることにもなり、
体重は減っても、老けこむ危険性があるのです。

シェイプアップとアンチエイジングのバランスを考え、
食事制限や運動は過度になり過ぎないようにし、
長期的なシェイプアップを心掛けましょう!

糖尿病、高脂血症などが原因で、
医師からシェイプアップを勧められている人は別ですが、
サイズダウンを目的としたシェイプアップをする場合は、
「健康的に」ということを一番に考えるべきです。

食事の内容は、
アンチエイジングを意識したカロリーの低いもの、
運動も適度に筋肉が付くくらい…と、
食事も運動も、過剰になり過ぎないことが大切です。