レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。

 

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。
レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。


http://www.at-residence.co.jp/
港区 賃貸マンション



レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:2018-08-17

小学校は義務教育なので、
入学試験を受けることなく入学できる。

なのでどの小学校も
子どもたちの学力の低さに悩まされている。

それゆえママたちの中には
我が子どもだけはそうなって欲しくないと、
私立学校に通わせたいママたちが出て来るのは当然の現象であって、
そこで子どもの間で「お受験」が展開されることになる。

お受験はマスコミや知識人たちから批判の対象になっているのだが、
脳科学的に言うなら、脳の臨界期に受験するのは、
子どもの脳の成長にとって非常に素晴らしいことになる。

受験する子どもたちは
受験勉強をすることになるのであって、
その間、ずーっと脳のシナプスを
大量に増やしまくることができるようになるのだ。

普通の子どもたちが幼稚園で遊んでいる中、
受験をする子どもたちは受験勉強しているのだから、
頭が良くなるのは当たり前のことである。

幼稚園だからといって幼稚なことばかりしていては、
その子どもにとっては最適な環境であるかもしれないが、
果たして最適な環境にいることが
本当にその子どものためになるのかどうかは解らない。

ちなみに 
私立の小学校を選ぶ時は、
自宅から遠すぎる小学校を絶対に選ばない方が良いと思う。

子どもにとっては自宅から遠い小学校に通わされては、
その通学が非常に苦痛になる。

通学期間は6年間もあるので、
通学のために大量の時間が奪われてしまっては、
大損害になってしまうからだ。

それと我が子どもを私立学校に通わせるのなら、
父親とママで話し合って、
合意しておくことが非常に大事!

時間はたっぷりとあるのだから、夫婦で話し合い、
小学校に行って、その小学校が本当に素晴らしいのか
自分たちの目で確認することをお勧めする。

嗚呼,気分爽快